住宅ローン頭金なし

貯金が少なくても夢のマイホームを

昔は住宅購入に必ずといっていいほど必要だった頭金。でも今は住宅ローン頭金なしというのも、普通になってきたようですね。頭金がなくても住宅を購入できるということは、貯金が少なくても夢のマイホームを手に入れることが可能だってことですよね。だから、借家で賃貸料を払って住むよりも、早めにマイホームを買って、賃貸料の分を自己資産に充てるという合理的なこともできますね。そういったメリットはあるものの、頭金がないということは、それだけ返済金額が大きくなるため、月々の返済負担はかなり大きいものになりますよね。そうなると審査だって当然厳しくなってくるし、頭金なしで家を買えたとしても、景気の悪化でローンを返済できず、家を手放さなければならない危険性っていうのは高くなりますね。

頭金なしで住宅を購入できるということは、頭金を貯めるのが難しい人にとってはありがたいかもしれないけど、返済負担率が大きくなってしまうため、リスクの高い買物になっちゃうんでしょう。結論としては、頭金なしで家を購入するよりも、ある程度お金を貯める努力をして、頭金を払って購入した方がベターってことですね。その方が、将来的な負担が軽減され、ローン返済ができないといったリスクも小さくなりますから。

ただ・・賃貸料を払うのとローン負担があまり変わらないのであれば、頭金なしで住宅を購入するという選択もいいんじゃないかな。賃貸料って何も手に入らないで支払うお金だし、ムダにお金を払う期間を失くした方が、合理的は合理的ですよね。頭金なしでローンを組む場合は、負担が大きすぎない程度の家の購入を考えるべきでしょう。頭金もないのに、ランク上の生活を試みると、後々大けがしてしまいそうですからね。身の丈の生活をするってことが一番大事なんでしょう。

住宅購入って家計にとってはかなり負担が大きいことだし、とにかくムリをしないで支払いができる額の住宅で妥協することも必要ですよね。頭金がない場合には、少し安めの物件探しをして、確実に返済できるようなローンを組まないとね。負担が大きければ大きいほど、不景気の波が押し寄せた時のシワ寄せは大きくなっちゃうし・・。頭金がないなら、その分を差し引いた金額で家の購入を考えないといけないでしょうね。返済ができなくて手放すことになったら、これほど悲しいことはありませんから・・。不景気に見舞われても、なんとか返済できるだろうという額を頭に叩き込んでから、家を購入すべきなんじゃないかな。